骨粗しょう症で出される内服薬や注射薬の中には、歯科治療で注意が必要な薬があります。

ビスフォスフォネート系と言われる薬剤で、BP薬とも略される薬です。

一般的に骨密度が低下した場合に役立つ薬で、骨密度を上げ、骨折の予防にも効果的なので、広く使われている薬です。

非常に骨粗しょう症には大切な薬ですが、歯科治療における抜歯などにおいて、あごの骨が部分的に腐る(壊死といいます)場合があります。

とても稀な副作用ですが、お口の中を不潔にしておくと抜歯後にその副作用が出やすくなるため、定期的な歯のクリーニングや必要な治療を受けると良いでしょう。

最近になって分かってきた副作用のため、場合によっては薬が出されるときにこのような説明を受けていらっしゃらない患者様もときどき見かけますので、ぜひ一度当院にてご相談ください。