がん治療の副作用の中には、免疫力低下による口腔カンジダ症という病気があります。

人間の口の中にはたくさんのバイ菌がいます。その中にはカビの菌もいます。

普段は免疫力(体力)によって口の中にカビが生えることはありませんが、がん治療により口の中に出ることがあります。これが口腔カンジダ症です。

予防策としては、口内炎同様に口の中の清潔さが重要となります。

定期的な当院でのクリーニングと、毎日の正しい歯磨きでがん治療の副作用を一つでも多くなくしましょう。