今まで述べたような利点が「口腔ケア」にはあります。

これを活用して患者様の早期回復へと繋げようとする働きが「医科歯科連携」です。

これは医科での診察で、今後の治療で合併症や治療の副作用などが出やすいと想定される場合などに、歯科での「口腔ケア」をすすめられるものです。

基本的に「口腔ケア」は保険が効く範囲内で行われるのが通常で、歯石取りのクリーニングや歯磨き指導などです。

また、がん治療など治療の最中でも、「口腔ケア」が行える状況なのかは、一度当院で相談していただけると良いでしょう。