色々な働きをしてくれている舌。

では、普段、仕事をしていない舌はどうしているのでしょうか?

あまり皆さんが意識したことがないかもしれません。

この舌はかなりの大きさがあります。舌の根っこは下あごに筋肉でつながっています。

食事や話すとき以外、舌は持ち上がって上あごにくっついているのが正しい「休め」の姿勢です。

上の前歯の内側の歯茎にくっついていることが正しい位置なのです。これを専門用語で「スポット」と呼びます。