「スポット」と呼ばれる上あごの前方に舌はくっついて普段の生活を送っています。

つまり、舌は常に筋肉によって盛り上がっているのです。

では、この舌の筋肉が弱いとどうなるか?

舌はだらっと下の前歯のところに位置し、その大きなボリュームのせいで前歯を押します。

とくに我々が意識しない唾液の飲み込み時にも「スポット」にない舌は歯やあごにとって成長を妨げたり、歯並びに影響します。

普段なにげなく口の中にある舌の位置はとても重要なのです。