お子様の舌が下がってしまい、「スポット」にいつもつけていられない原因についてはまだあります。

常に鼻が詰まっている状態のお子様も要注意です。

慢性鼻炎による鼻づまりや、喉の奥にある扁桃腺が大きいことによる口呼吸(アデノイド)は、呼吸のために舌の位置を下げざるを得ず、結果として正しい位置においておけません。

口による呼吸は口の中が乾きやすく、様々な働きを持つ唾液を乾かしてしまい、虫歯にもなりやすくなります。

また、鼻を通らないことで空気中のウィルスが体内に入りやすく、風邪をひきやすい側面もありますので、注意が必要です。