舌の筋肉が弱いと、「スポット」に常に置いておくことが出来ません。

腕や足の筋肉と同じで、舌の筋力トレーニングがありますので紹介します。

まずは舌をタンタンと鳴らす方法。

舌を上あごにくっつけて、勢いよく下に動かして音を鳴らします。

舌が強くなるとパン!パン!パン!といい音が鳴るはずです。

また、ガムを使うトレーニングもあります。

ガムを噛んで柔らかくし、それを舌で上あご全体に伸ばすように押し付けます。

これを繰り返すことで舌が自然と鍛えられます。