舌の癖によって起こる、噛んだ時にできる上下の歯の隙間を「開咬」といいます。

これを前回までの「スポット」を意識することで改善できます。

また、指しゃぶりを続けているお子さんに関しては指しゃぶりを治すことで自然と歯並びが良くなるケースもあります。

また、矯正治療によって歯並びを治すときにも舌の癖は非常に重要になります。

飲み方や話し方に不安がある方はぜひ一度ご相談下さい。