奥歯が噛み合わさった状態で前歯が大きくすいている噛み合わせを「開咬」といいますが、前回話したような舌の癖によるもの以外に、なかなか生えてこない大人の前歯が原因のこともあります。

子供の歯(乳歯)が抜けて数カ月経つにも関わらず、大人の歯(永久歯)が生えてこない場合、空間が大きくあいてしまい、そこに舌が入ることで変な癖がついてしまいます。

この場合、歯科医院で歯茎を切開することで永久歯の生える手助けをしなければなりません。

お子様の歯が抜けた後、なかなか大人の歯が生えてこない場合、当院にて一度ご相談ください。