「唾液」はいったいどこから出てくるのでしょうか?

「唾液」は唾液を作る工場があります。場所は耳の前、あごの下、舌の下、の3か所が主な部位になります。

健康な大人の方で一日に平均1~1.5リットルも唾液が作られています。

このたくさんの唾液が口の中を常にうるおしていて、我々が無意識のうちにごくごくと飲んでいます。

この大きな工場たちの近くには筋肉があり、良く噛むことで刺激が与えられて唾液がよく出やすくなります。

逆に、あまり良く噛まなかったり、顔の筋肉を普段使わないと工場の唾液生産は減少してしまいます。

良く噛むことは脳への刺激だけでなく、「唾液」にもつながっているのです。