「唾液」を多くする方法には、ほかにもあります。

まずは水分摂取。トイレが近くなるからとあまり水分を取りたがらない患者さんがいますが、これはよくありません。

とくにこれから汗をかく季節になりますので水分摂取はこまめに取りましょう。

また、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、その利尿作用によって唾液が出にくくなりますので要注意です。

お酒(アルコール)も同様です。

タバコに含まれるニコチンにも同じような作用があります。

これらの嗜好品はほどほどに!