歯周病(歯槽膿漏)に関しては、まず、歯周検査というものを行います。

細い棒をポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間に入れて、深さを記録します。

通常はこの深さが3mm以下でありますが、歯周病が進行すれば深くなっていきます。

この記録は定期検診時に毎回取らせていただくことで、歯周病や歯の周りの病気の早期発見にとても役立ちます。