3つ目に、あごの骨の変形によるトラブルがあります。

下あごが開閉によって変形したり、周囲の組織が痛むことで痛みや運動障害を出します。

症状は軽いものから重症な場合もあります。

場合によってはあごの関節への負担を軽減することで症状が落ち着いてくる場合もあります。

治癒には数か月かかることが一般的ですが、、根気強く原因を除去すれば多くは改善することもあります。