顎関節症の患者さんは歯科治療時の開口がとてもつらく大変です。

治療前に遠慮なくスタッフまで申し付けください。

できる限り大きな口ではなく治療を行い、またうがいなどこまめに休憩をすすめていきます。

また、場合によっては口を開ける「バイトブロック」という装置を使うことも可能です。

少しでも心配な方はぜひご相談ください。