麻酔の注射による歯科治療は誰もが嫌なことです。

今まで紹介したようになるべく痛くない治療(無痛治療)になるように努力したり、患者様の体の状態を教えて頂くことで現在では昔のような怖い歯科治療のイメージは変わりつつあります。

しかしながら、痛みを伴う治療や削られる音の恐怖感は今なお完全には消えていません。

我々歯科医師の研究や日常の診療での努力はもちろんのこと、やはり患者様での定期的な検査への通院も不可欠なのです。

「痛いのが嫌なら、定期検診を」

歯医者さんが苦手で嫌な方ほど、歯医者さんにこまめに通った方が意外と嫌な思いをせずに済むのではないでしょうか。