前回お話しした「縁下歯石」を除去することで、歯周病は防げます。

しかしながら、これほど多くの患者さんが歯周病で苦しんでいるのはなぜでしょうか?

それは、毎日の歯磨きが予想以上に難しく、しっかりと磨くことが大変な時間と労力を要すること。

また、「縁下歯石」は発見や除去することが難しい場所があり、結果として治療が後手に回ってしまいやすいこと。

さらには、本当の重症になるまで歯周病は痛くもかゆくもなんともない病気であること。

が考えられます。