「歯周病」は2種類あります。

歯ぐきが腫れている状態の「歯肉炎」と呼ばれる状態。

そして歯茎が腫れるだけにとどまらず、あごの骨が溶けだしてしまった「歯周炎」と呼ばれる状態。

この二つの状態は歯科医師にとっては天と地との差にも等しいくらい違います。