「歯肉炎」の状態は、歯茎が腫れている状態を示します。

一方で、歯茎の下にある(歯の周りを囲い、歯を支える)あごの骨については一切問題がおいていない状態です。

つまり、この状態であれば、「プラーク」もしくは「縁上・縁下歯石」を取り除くことで状態は完全に元通りに治ることになります。