では、この「歯肉炎」と「歯周炎」を見分ける方法はどのように検査していくのでしょうか?

まずは、今までの歯科治療の経歴とご本人のお体の状態を問診します。

そして、実際にポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間の溝がどのくらい深いか、細い棒で深さを測ります。

これを「ポケット検査」と言います。

また、レントゲンを撮って現在の骨の状態をチェックします。

以上を行い、区別していきます。