歯周病に完治はあるのでしょうか?

これは「歯周炎」の状態から出発した場合、ポケットが深いため、非常に再発しやすいことがあり、完治とは呼びにくくなります。

定期的なクリーニングとポケット検査により、再度あごの骨が減っていかないか、ポケットがより深くならないか慎重に見ていかなければなりません。

状態が安定してから、それを維持するのも治療と考えると、完治しておしまいと考えるよりは、継続的な観察とクリーニングで常に健康を維持することが患者様にとっても有益です。