部分入れ歯やブリッジに続き、もう一つの修復方法がインプラントになります。

最近はやりのインプラント。利点は何といってもほかの歯を一切削らずに治療できることです。

見た目もあたかも本当の歯があるかのように自然で、ご自身での取り外しも必要ありません。

一方で、あごの骨を削る外科手術が必要であったり、治療費が保険が効かないため高額になりやすいことが欠点です。

さらにはインプラント周囲炎という歯周病のインプラント版ともいうべき病気も気を付けなければなりません。

あごの骨の状態や体の状態にも適応が左右されやすく、当院では今現在のところ100%の成功率ではない歯科界の現状を鑑み、インプラントは扱うのを中止しています。