部分入れ歯の保険適用できないもののうち、前述の金属床に磁石を組み合わせたものがあります。

マグネット、もしくは磁性アタッチメントと呼ばれるものになります。

特徴としては、残っている歯の根に磁石を組み込んだ金属をくっつけて、義歯の中に埋めた磁石と固定されることで義歯独特の動きを制限し、安定させます。

また、バネに頼った設計ではないので、残っている歯への負担が少ないことが挙げられます。

欠点としては、マグネットを装着できる歯が限られること、高価なことが挙げられます。