マグネットやAPOアタッチメント、コーヌスなどは歯が(歯の根が)残っていないとできません。

そこで、全く歯がない状態のところに支えが欲しいときに行うのがインプラント義歯です。

特に固定源として奥歯に効果的だと言われていますが、少ないインプラントの本数でも安定させることが出来るのが利点です。

一方で、インプラントを埋める際に外科手術が必要であったり、値段が高価(インプラント代+入れ歯代)になるのが欠点です。