部分入れ歯の種類には、精密アタッチメント義歯というものもあります。

精密アタッチメント義歯にはフレキシブルタイプとリジットタイプがあります。

フレキシブルタイプは、残っている歯を被せ物にして、その被せ物の端に金具の出っ張りを付けます。

この出っ張りと、入れ歯の凹みが一致することで部分入れ歯が安定します。

利点は安定性のほかにも入れ歯自体が目立ちにくいことが挙げられます。

一方で、壊れると修理しにくいことや、金具のついている歯が大きな負担を負わなければならないことが挙げられます。