フッ素はどのような歯の状態により効くのでしょうか?

フッ素はどんな虫歯の状態にでも効くわけではありません。

歯に穴が開くほどの大きな虫歯には効かないため、当院での虫歯治療が必要になります。

しかしながら、初期虫歯と言われる状態(表面のみ脱灰した状態)では、フッ素はとても効きます。

ホワイトスポットと呼ばれる歯の真っ白になった部分は初期虫歯の代表例ですので患者さんにもわかりやすいかと思います。

このような状態には、フッ素は虫歯の進行抑制として大いに活躍してくれます。