エナメル質形成不全症を起こす多くの歯は前歯と6歳臼歯です。

前歯の場合は、問題は見た目になります。黄色みがかった色はやはりあまり美しくは見えないでしょう。

一方で、力はあまりかからないため、歯が欠けたり、折れたりする危険性は低いと言えます。

また、くちびるや舌でこすれるために汚れがとどまりにくく、奥歯に比べて虫歯になる確率も減ります。