睡眠時に起こる歯ぎしり・食いしばりは無意識です。

上下の歯を前後左右にこすり合わせたり、グッと噛みこんだりして行う行為を指します。

これは、日中に受けたストレスを発散するために行っているのでは?とも言われていますが、原因はいまだによくわかっていないようです。

日中起きているときに行ってしまう食いしばり・噛みしめの行為に比べて寝ているときの歯ぎしり・食いしばりは注意できず、対応が非常に難しいのが現状です。