また、睡眠の質が低下したとき、つまりあまりよく眠れていない状況も歯ぎしり・食いしばりに影響すると言われています。

これは、睡眠時無呼吸症候群によって代表される眠りが浅くなる病気や、ストレスなどの精神的なものが影響することが知られています。

睡眠時無呼吸症候群に関しては、減量による体重コントロールのほか、オーラルアプライアンスという機械によって治療することがあります。