睡眠時無呼吸症候群と診断された患者さんで、CPAPという装置を使用している患者様がいらっしゃいます。

この装置は、やや大きく、持ち運びが大変不便なため、旅行先などには持っていきづらいのが欠点です。

一方、オーラルアプライアンスと言われる、マウスピースのような装置は、ケースに入れて持ち運べるほど手軽で場所を取らず、軽いため便利です。

また、CPAPはマスクをして使用する違和感が強い物ですが、オーラルアプライアンスはマウスピース同様歯に装着するため、このような違和感は少ないと言われています。