先天性欠損歯は、近年調査された結果、約10人に1人の割合で起こることがわかりました。

これは予想よりもはるかに高い割合で、決して珍しい現象ではないことが判明したのです。

通常は28本生えるはずの永久歯ですが、少ない本数でも決して珍しくない状態なのです。