先天性欠損歯があると、起こる困ることは、まずはかみ合わせが悪くなることが挙げられます。

通常左右対称に歯がない状態は稀で、どちらか一方がない場合、左右で歯の本数が違います。

結果として、噛み合わせにずれが生じ、噛む効率やあごにまで影響を及ぼすでしょう。