先天性欠損歯について、調べるにはレントゲン検査が有効です。

おおよそ3歳くらいになれば、歯の種(歯胚)があるかどうかはかなり正確にわかります。

あご全体のレントゲンを撮るため、撮影時間に10~20秒必要なため、じっとしてられる年齢になったら早めに、特に小学校入学前には撮影してチェックしましょう。