また、乳歯を残しつつ、もしくは抜歯したあとに矯正の治療が必要になる場合があります。

あごの骨と歯のバランス、噛み合わせのバランス、左右対称性などを考慮に入れながら、通常は成長期とともに矯正治療を行ったり、経過観察したりして見守って行きます。