病院への搬送が行われるようなかなり危険性の高い外傷の場合、歯を保存しておくには困難です。

良く言われるのが牛乳ですが、約6時間程度ならまた口の中に戻せるそうです。

また、歯の救急保存液というものも販売されており、こちらは24時間程度ならば可能なようです。

競技などで頻繁にこういった事故が起きそうな場合には、準備しておくことをお勧めします。