今まで歯が事故などによって折れたり、取れてしまった後の対応についてお話ししました。

まずは、事故後に意識があるかなどの歯科以外の問題がないかの確認が一番重要です。

そして、次に口の中について確認し、場合によっては取れてしまった歯を探して処置します。

大変慌てやすい場面ですが、まずは冷静に、落ち着いて対応することがご自身の歯を少しでも長く残す秘訣です。