喫煙は口の中の粘膜にも影響を与えます。

まずはニコチンによる口内炎が挙げられます。

ヘビースモーカーの患者さんでは、粘膜が厚く、硬くなり、さらに口内炎になるリスクが上がります。