残念ながら歯科では禁煙治療がないため、禁煙自体は患者さんご本人と禁煙外来のお医者さんに任せることになります。

しかし、歯科特有のこととしては禁煙後の歯科治療やメインテナンスによって禁煙状態をサポートすることができることです

歯科医師には禁煙しているか、喫煙しているかを見分けるのはかなり容易なことです。禁煙状態がしっかりと続いているか定期検診を通じて皆様のモチベーションを維持させることも我々歯科医の役割になります。