「非定型歯痛」と呼ばれる歯の痛みは、ストレスがたまるとさらに悪化してしまう傾向にあります。

また、なかなか症状からこの診断を下すことが難しく、多くの方は転院を繰り返してしまいます。

結果として、今までの情報が共有されず、原因究明が困難になり、患者さんご自身を精神的にも追い詰めてしまうのです。