この「非定型歯痛」の場合、脳内でのシステムが異常な状態になったり、精神的な部分での負担が大きいのが特徴です。

そのため、場合によっては精神科のサポートが必要になる場合があります。

歯の痛みを治すのに精神的な治療まで必要なの?と思われる方も多いと思いますが、様々な検査や治療を行ってもいつも変わらず成果が得られない場合は、精神科への受診を思い切って勧める場合もあるのです。