痛みの感覚を司る脳みその中の一部分が、歯や口の中に異常がないにも関わらず痛みが発生したと勘違いして起きるのが非定型歯痛です。

今まで不快な歯科治療を経験したり、ストレスの影響で脳内のバランスを崩したことが一因と考えられます。

痛みの感覚と感情面の感覚は、脳内で非常に近いところに存在するため、不安定な感情によって起こるそうです。