非定型歯痛になりやすいリスクとしてストレスに対する許容量が大きいかどうかがあります。

これは、患者さん個人個人の性格によるところも大きくあります。

同じような治療を受けても感じるストレスが大きいか、小さいかによって非定型歯痛になるかどうかが左右されます。