非定型歯痛の原因を探るうえで重要なのは、歯科以外の科の受診です。

まずは、歯科での受診が大前提です。エックス線や口腔内のチェックを行い、歯が原因でないかを調べます。

また、場合によってはセカンドオピニオンを求めるのも良いでしょう。