患者さんにとってなかなか非定型歯痛かどうかを判断するのは難しいです。

特に痛いところの治療を受けてみても、原因がはっきりしない場合は一つ、非定型歯痛を疑ってみるのも良いでしょう。

虫歯や歯周病といった一般的な歯の病気でないのでは?と言われる場合は歯科治療だけでなく、体や脳を休めるのも重要です。