歯科の治療で起こる非定型歯痛のなかには、適切な処置を行っていても起きると言われています。

特にそのような場合に、歯科医としても、患者さん側からも、治療の計画に対する不安というのが出てきます。

患者さんにとって治療の説明はとても重要で、安心して治療を受けて頂ける第一歩です。歯科医の説明に納得がいかない場合には、早期のセカンドオピニオンという選択肢もとても有効でしょう。