結果として、奥底に形成された歯石は、歯周外科治療という方法で取り除きます。

歯ぐきを切開して歯石やプラークを目視できる状況にして行うのが歯周外科治療になります。

歯を残すための最終手段として用いられることが多いようです。