インプラント治療を受けた後、本来の歯と同じように歯周病の症状がインプラント体に出ることがあります。

これをインプラント周囲炎と言い、やはり歯石やプラークが溜まる事が原因とされています。

結果として周りの骨を溶かしてインプラントが緩んでくるため、治療の成功の可否につながります。