次いで、歯茎の状態もチェックします。

腫れたり、赤みを帯びていないかどうかのチェックになります。

判定は異常なし、定期的観察が必要、専門医による診断が必要の3つとなります。