また、あごの関節もみます。

口の開閉時にあごがスムーズに動くか、音や痛みがないかチェックします。

判定は、異常なし、定期的観察が必要、専門医による診断が必要の3つになります。