歯科検診の目的として、COの状態で発見できれば、そこから進行させないようにすることです。

虫歯の種類では、急性型と慢性型があります。

穴が開いてしまうと、削る処置が必要なため、早期発見が必要になります。