急性期の虫歯は、ミュータンス菌と言われる虫歯菌などによって作られる粘り気のある歯垢(プラーク)が原因です。

歯垢の中に歯を溶かす酸を含むため、虫歯が進行しやすくなります。

また、色の変化が少なく、見た目にわからないこともあるため、歯科医院での定期検診が必要です。